2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

【リーガエスパニョーラ】バルセロナ対レアル・マドリード クラシコの結果

1 名前:白猫記者φ ★[sage]:2010/11/30(火) 06:54:26 ID:???0
g101130xavi--129110054817768800.jpg

FCバルセロナ  2-0   0 レアル・マドリッド
                3-0

1-0 シャビ(前半10分)
2-0 ペドロ(前半18分)
3-0 ダビド・ビジャ(後半10分)
4-0 ダビド・ビジャ(後半13分)
5-0 ジェフレン(後半46分)

スポンサーサイト

【スペイン】マラドーナはメッシ派でペレがC・ロナウド派。2大スターを支持するスターの声

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/11/22(月) 10:00:03 ID:???0
http://soccer-king.jp/blog_item/id=618

real-Barca_1767890b.jpg
 伝統のクラシコを翌節に控えたリーガ・エスパニョーラの第12節、リオネル・メッシがアルメリア戦でリーガ通算100ゴールを含むハットトリックを達成すれば、クリスティアーノ・ロナウドもビルバオ戦で負けじと3ゴール。首位レアル・マドリードと2位バルセロナの直接対決となる今シーズン最初のクラシコは、得点ランキングの首位に立つC・ロナウドと2位に付けるメッシのエース対決としても関心を集める。

 サッカー界の人気を二分する2大スター。世界最高の選手として認知される両選手だが、果たして真の“最強”はどちらなのか。注目の大一番の前に、両者を支持するスターの声からメッシとC・ロナウドを比較してみよう。

 バルセロナの指揮官ジョゼップ・グアルディオラが「素晴らしい選手は世界中にいるが、メッシはその上に立つ存在だ。彼が決めたゴールを見てくれ。才能を疑うことは不可能だ」と自軍のエースをたたえれば、レアルのジョゼ・モウリーニョ監督は「ボールスキル、ドリブル、パスの技術、パワー……すべてを総合した場合、メッシよりもロナウドのほうが完璧に近い」と断言する。

 さらに味方という立場から見ると、バルセロナのシャビはメッシを「50年に一人の逸材」と評価。「僕の考えでは」と前置きした上で「メッシはもうマラドーナを超えている」と語っている。また、今シーズンからメッシの同僚となったダビド・ビジャは「メッシと一緒にプレーできることは名誉なこと。彼に合わせられない選手はバルサでプレーするに値しない」とバルセロナの入団会見で話していた。

(つづく)

バルセロナ、PSVアイントホーフェン(オランダ)のMFイブラヒム・アフェレイ移籍で合意!

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/11/16(火) 11:49:19 ID:???0
http://news.livedoor.com/article/detail/5141878/

1559849_w2.jpg
PSVアイントホーフェンは15日、MFイブラヒム・アフェレイ(24歳)の売却でバルセロナと合意したと認めた。

アフェレイは先月、今季で切れる現契約を更新することはないと話し、移籍を志願していた。リヴァプールやアーセナルといったプレミア勢を含む多くのクラブがこのオランダ代表に興味を示していると報じられたが、獲得レースに勝利したのはバルセロナだった。

バルセロナは1月にアフェレイを獲得することでPSVと合意。移籍金については明らかにされていないが、あとは個人的条件を詰めるだけとなっている。

アフェレイの代理人ロブ・ヤンセンは、「それ(個人的条件の合意)には少し時間がかかるだろう。まだ、最終的な合意ではない。すべて決まったら、メディアとファンには公式サイトを通じて発表する」と話した。

[ 2010/11/17 ] スペイン | TB(0) | CM(19) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ACミランのFWイブラヒモビッチ「グアルディオラはバルサを作り上げたのが自分だと思い込んでいる」

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/11/15(月) 12:43:37 ID:???0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000007-spnavi-socc

MILANAC_IBRAHIMOVIC_151110.jpg
 ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、昨シーズン在籍したバルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督への“口撃”を止めるつもりは毛頭ないようだ。これまでも同監督に対して辛らつな発言を繰り返してきたイブラヒモビッチは、その指導力にも疑問を呈した。

「グアルディオラはバルセロナのサッカーを作り上げたのが自分だと思い込んでいる。周囲から『6冠を獲得した偉大な指揮官』と呼ばれるが、僕から言わせてもらえば『最高の選手に恵まれた運の良い指揮官』にすぎない。あのチームの最大の強みは選手のレベルの高さだ」

 これまでもグアルディオラ監督のことを皮肉を込めて“賢人”と呼んできたイブラヒモビッチは、バルセロナ退団の引き金となったと見られている同監督との確執についても、あらためてコメントした。

「僕のプレーの質に問題があったとは思わない。なぜなら、それが話題に上ったことは一度もなかったからだ。バルセロナで学んだことと言えば、サッカーの世界ではわずか1日で状況が一変することぐらいだ。もし、僕との間に何か問題があったとするならば、チームのトップである監督の座に就く彼にとっては、それを解決することも仕事の一部だ。20人の選手とうまく信頼関係を築き、その一方で1人の選手に対してはそっぽを向くというのは指揮官の取るべき態度ではない。彼は、自分をマハトマ・ガンディーのような賢人だとでも勘違いしているのだろう」


アルゼンチン代表・メッシ、屈辱のフル出場…試合後は無言貫き悔しさにじませる

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage]:2010/10/09(土) 06:29:14 ID:???0
20101009-011281-1-L.jpg
 日本代表が“ザック流”の守備でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(23)=バルセロナ=を封じ切った。フル出場しながら不発に終わったメッシは試合後、無言を貫き、悔しさをにじませた。

 メッシは不発に終わった。フル出場し、両チーム最多の5本のシュートを放ったが。試合後は悔しさからか、うつむきながら、無言で取材エリアを通り抜けた。それでも、華麗な技術は随所に発揮した。

 試合開始から魅了した。前半7分、センターサークル付近でボールを受けると、強烈なドリブル突破。日本の中盤3人が追いかけても追いつけない。そのまま約30メートルを独走した。28分には絶妙なFK。後半21分には、密集したペナルティーエリア内で、わずかなすき間を縫って、FWテベスにスルーパス。ドリブル、シュート、パス…。ゴールにはつながらなかったが、スタンドを埋め尽くした大観衆は、背番号10の一挙手一投足にくぎ付けになった。

 日本代表戦士たちも舌を巻いた。DF内田が「手でドリブルをしているみたい」と感嘆の声を上げれば、「あんなにブロックを敷いているのに、簡単に中央突破する。一瞬の動きが本当に速い。あれはトップコンディションじゃないのに」とMF香川。9月20日のAマドリード戦で右足首じん帯を負傷し、今月3日のマジョルカ戦で復帰したばかり。バチスタ監督も「選手には疲労があった」と万全ではなかったことを認めたが、それでも、与えた衝撃は大きかった。

 初陣のザック・ジャパンを上回る注目を集めた。スタメン発表で「リオネル・メッシ」の名が響くと、両チームの誰よりも大歓声を浴びた。ボールを持つだけで、スタンドはざわめき、無数のフラッシュが光った。「ここには“何か”をしにきたんだ」。来日後に、こうコメントしたが、ゴールは奪えなかった。もし、アルゼンチンがリードを奪えば、早めに“お役ご免”になっていただろう。メッシにとっては屈辱のフル出場だった。

ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20101009-OHT1T00029.htm
後半、メッシ(右から2人目)のドリブルを囲い込んで守る(左から)内田、長谷部、今野、1人おいて岡崎
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20101009-011281-1-L.jpg

ACミランのイブラヒモビッチ「ミランはバルセロナよりも偉大なクラブだ 僕の前に立ちはだかるものは皆、敗者となるだろう」

1 名前:操作メニューをスキップして本文へ 印刷するブックマークφ ★[]:2010/09/03(金) 17:48:42 ID:???0
ミランのイブラヒモビッチ「僕の前に立ちはだかるものは皆、敗者となる」
スポーツナビ 9月3日(金)11時52分配信

Zlatan-Ibrahimovic-poses--006.jpg
 バルセロナからミランへ移籍したスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは両チームを比較して、「歴史や伝統の面から見れば、ミランはバルセロナよりも偉大なクラブだ」と言い切ると同時に、ミランですべてを勝ち取ることに強い自信を示した。

「僕はやるからには何事でも勝利を目指す。インテルでは(チャンピオンズリーグを除き)すべての大会で優勝を経験した。ミランでもすべてのタイトルを取ってみせるよ。僕の前に立ちはだかる者たちは皆、敗者となることだろう」

 イブラヒモビッチはまた、バルセロナが同選手を獲得する際に費やした金額と売却した時の差額について皮肉を込めてコメントした。

「バルセロナは去年、僕を獲得するために8000万ユーロ(現在のレートで約86億4000万円)を費やしたのに、ミランにはわずか2400万ユーロ(約26億円)で売却した。バルセロナは今ごろ、財政的に帳尻がとれていないだろうね」

(C)MARCA.COM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000008-spnavi-socc












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。