2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

バロテッリ「俺よりちょっとだけ上の選手が一人だけいる。メッシだ」

1 名前:ウインガーφ ★[]:2010/12/23(木) 16:30:17 ID:???P
story_main_mario_1790264a.jpg
 マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリは21日、イタリア『トゥットスポルト』から23歳以下の選手に対する年間最優秀若手選手賞ゴールデンボーイを受賞した。

 同選手は過去にゴールデンボーイを受賞したウェイン・ルーニー、セスク・ファブレガス、ラファエル・ファン・デル・ファールトよりも自身の方が優れているという見解を示し、自身を超えたクオリティーを持つ受賞者は一人だけと話した。「オレよりちょっとだけ最高の選手が一人だけいる。リオネル・メッシだよ」

http://news.livedoor.com/article/detail/5227452/

スポンサーサイト

【スペイン】マラドーナはメッシ派でペレがC・ロナウド派。2大スターを支持するスターの声

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/11/22(月) 10:00:03 ID:???0
http://soccer-king.jp/blog_item/id=618

real-Barca_1767890b.jpg
 伝統のクラシコを翌節に控えたリーガ・エスパニョーラの第12節、リオネル・メッシがアルメリア戦でリーガ通算100ゴールを含むハットトリックを達成すれば、クリスティアーノ・ロナウドもビルバオ戦で負けじと3ゴール。首位レアル・マドリードと2位バルセロナの直接対決となる今シーズン最初のクラシコは、得点ランキングの首位に立つC・ロナウドと2位に付けるメッシのエース対決としても関心を集める。

 サッカー界の人気を二分する2大スター。世界最高の選手として認知される両選手だが、果たして真の“最強”はどちらなのか。注目の大一番の前に、両者を支持するスターの声からメッシとC・ロナウドを比較してみよう。

 バルセロナの指揮官ジョゼップ・グアルディオラが「素晴らしい選手は世界中にいるが、メッシはその上に立つ存在だ。彼が決めたゴールを見てくれ。才能を疑うことは不可能だ」と自軍のエースをたたえれば、レアルのジョゼ・モウリーニョ監督は「ボールスキル、ドリブル、パスの技術、パワー……すべてを総合した場合、メッシよりもロナウドのほうが完璧に近い」と断言する。

 さらに味方という立場から見ると、バルセロナのシャビはメッシを「50年に一人の逸材」と評価。「僕の考えでは」と前置きした上で「メッシはもうマラドーナを超えている」と語っている。また、今シーズンからメッシの同僚となったダビド・ビジャは「メッシと一緒にプレーできることは名誉なこと。彼に合わせられない選手はバルサでプレーするに値しない」とバルセロナの入団会見で話していた。

(つづく)

アルゼンチン代表・メッシ、屈辱のフル出場…試合後は無言貫き悔しさにじませる

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage]:2010/10/09(土) 06:29:14 ID:???0
20101009-011281-1-L.jpg
 日本代表が“ザック流”の守備でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(23)=バルセロナ=を封じ切った。フル出場しながら不発に終わったメッシは試合後、無言を貫き、悔しさをにじませた。

 メッシは不発に終わった。フル出場し、両チーム最多の5本のシュートを放ったが。試合後は悔しさからか、うつむきながら、無言で取材エリアを通り抜けた。それでも、華麗な技術は随所に発揮した。

 試合開始から魅了した。前半7分、センターサークル付近でボールを受けると、強烈なドリブル突破。日本の中盤3人が追いかけても追いつけない。そのまま約30メートルを独走した。28分には絶妙なFK。後半21分には、密集したペナルティーエリア内で、わずかなすき間を縫って、FWテベスにスルーパス。ドリブル、シュート、パス…。ゴールにはつながらなかったが、スタンドを埋め尽くした大観衆は、背番号10の一挙手一投足にくぎ付けになった。

 日本代表戦士たちも舌を巻いた。DF内田が「手でドリブルをしているみたい」と感嘆の声を上げれば、「あんなにブロックを敷いているのに、簡単に中央突破する。一瞬の動きが本当に速い。あれはトップコンディションじゃないのに」とMF香川。9月20日のAマドリード戦で右足首じん帯を負傷し、今月3日のマジョルカ戦で復帰したばかり。バチスタ監督も「選手には疲労があった」と万全ではなかったことを認めたが、それでも、与えた衝撃は大きかった。

 初陣のザック・ジャパンを上回る注目を集めた。スタメン発表で「リオネル・メッシ」の名が響くと、両チームの誰よりも大歓声を浴びた。ボールを持つだけで、スタンドはざわめき、無数のフラッシュが光った。「ここには“何か”をしにきたんだ」。来日後に、こうコメントしたが、ゴールは奪えなかった。もし、アルゼンチンがリードを奪えば、早めに“お役ご免”になっていただろう。メッシにとっては屈辱のフル出場だった。

ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20101009-OHT1T00029.htm
後半、メッシ(右から2人目)のドリブルを囲い込んで守る(左から)内田、長谷部、今野、1人おいて岡崎
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20101009-011281-1-L.jpg

長友佑都「ずっとメッシのことを考えていて飛行機の中も眠れなかった。アドレナリンが出っぱなしですよ」

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage]:2010/10/05(火) 07:23:20 ID:???0
scc1010050506009-p1.jpg
 日本が誇るエースキラー長友が今度は世界最強の男に狙いを定めた。「過去最大の敵。ずっとメッシ(バルセロナ)のことを考えていて(帰国の)飛行機の中も眠れなかった。アドレナリンが出っぱなしですよ」と武者震いが止まらない。ザックジャパン初練習では人生初のゾーンディフェンスにも精力的に取り組んだ。

 既に打倒メッシのイメージは完成している。「ドリブラーなんで飛び込み過ぎない方がいい。時間をかけて周りのサポートを使うことも大事」。W杯南アフリカ大会でエトオ、カイトらを封じた経験は体に染みこんでいる。“ドリブラー殺し”の間合い、距離感を駆使する。対メッシはその集大成と位置づけている。

 関係者によれば、チェゼーナの練習ではサイドバックだけでなく3トップの両サイドの練習にも着手している。そのFWの陣形はザッケローニ監督の3トップ構想と合致する。抜群のスプリント力と得点感覚を持つだけに、ザックジャパン“9人目のFW”としても期待がかかる。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/10/05/04.html

メッシ、韓国を訪問した印象は「話す言葉がない」…無能な主催側・プロ連盟、馬鹿にされた韓国ファン

1 名前:鳥φ ★[sage]:2010/08/05(木) 10:33:40 ID:???0
913-China_Soccer_Maradona_Messi.jpg
2日に訪韓したバルセロナの看板攻撃手リオネル・メッシに記者が「韓国を訪問した印象」を尋ねた。「寝ていたため(飛行機の窓から)見ておらず、話す言葉がない」という回答だった。

翌日午後、バルセロナのグアルディオラ監督は「コンディションを考慮し、Kリーグオールスターとの試合にメッシを出場させない」と述べた。練習が終わった後、バルセロナの選手らはミクストゾーンインタビューを拒否し、宿舎に戻った。

国内サッカーファンは世界最強バルセロナの訪韓に大きな期待をかけた。しかしファンの期待は失望を越えて怒りに変わった。

今回来たバルセロナは‘半分’のチームだった。ワールドカップ(W杯)で優勝したスペイン代表の核心メンバー8人は休養を理由に参加しなかった。こうした中、メッシまで出場しないという話が伝えられ、国内サッカーファンから非難の声が高まった。慌てた主催側は3日夜、バルセロナ宿舎を訪ね、球団関係者を説得し、メッシ出場の約束を受けた。

紆余曲折があったオールスター戦の雰囲気は予想通り冷めていた。4日のソウルW杯競技場(6万8000人収容)の観客は3万2581人に終わった。Kリーグファンが試合を無視し、競技場には応援の音がなかった。

バルセロナは先発11人のうち6人がBチーム選手だった。バルセロナBチームは10代後半-20代初めの選手で構成された2軍チームで、スペイン3部リーグに出場している。メッシはわずか18分しかプレーしなかった。

韓国の世論を意識したかのように前半29分に交代で投入されたが、2ゴールを決めた後、後半戦には出場しなかった。バルセロナのグアルディオラ監督はジーンズにTシャツ姿でベンチに座り、冷たい視線を浴びた。

(続く)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=131832&servcode=600§code=610


[ 2010/08/06 ] スペイン | TB(0) | CM(24) | このエントリーを含むはてなブックマーク

【W杯】オランダ代表FWファン・ペルシが早期敗退チームに苦言「個人で勝てる時代は終わった」

1 名前: ◆TvN8RkVODg @ターンオーヴァー▲φ ★[]:2010/07/06(火) 02:34:58 ID:???0
584-vanpersie-play.jpg
 現地時間6日(以下現地時間)に行なわれる2010年W杯準決勝で、ウルグアイと対戦するオランダ。同国を牽引するFWロビン・ファン・ペルシは4日、イングランドやポルトガルの早期敗退を引き合いに出し、個人能力で試合に勝てる時代は終わったとした。ロイター通信が報じている。

 ルーニー擁するイングランド、C・ロナウド擁するポルトガルがベスト16で敗退したのを筆頭に、リオネル・メッシのアルゼンチン、カカのブラジルまでもがベスト8で姿を消すなど、スター選手にとっては受難の大会となっている2010年W杯。そんななか、オランダのファン・ペルシはひとりやふたりの選手の能力でW杯を勝ち進める時代は終わったと語っている。

 ファン・ペルシは「マラドーナの時代なら、それ(個人の能力で勝利すること)も可能だったかもしれない。もちろん、マラドーナにも多くのサポートがあったことを忘れてはいけないけどね」とコメントしている。

 さらに「ドイツやスペインに目を移せば、全員で力を合わせることが大切なのは明らかだ」と続けたファン・ペルシ。「イングランドやポルトガルはルーニーやC・ロナウドに希望を託した結果、早期に敗れ去った。でもこれはサッカーにとってはいいことだと思うよ」と続け、チームワーク重視のチームが勝つことはサッカーの発展にとって望ましいことだとしている。
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100705-00000010-ism-socc











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。