2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

【南米】ブラジル全国選手権、26年ぶりにフルミネンセが優勝!元浦和の助っ人2人のFWエメルソンとワシントンが優勝に導く

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/12/06(月) 21:55:12 ID:???0
http://soccer-king.jp/world/article/id=6708

la-joie-des-joueurs-de-flu-fred-emerson-et-conca.jpg
 5日に行われたブラジル全国選手権最終節で、元浦和FWのエメルソンとワシントンが所属するフルミネンセがグラアニを1-0で下し、26年ぶりの優勝を果たした。

 エメルソンがスタメン出場、ワシントンが56分から途中出場した試合は、この2人が決勝点に絡む。61分、左サイドからのクロスをワシントンが頭で後ろに流すと、これをエメルソンが左足でゴールを陥れた。

 昨シーズンは2部降格の危険すらあったクラブの優勝に、ファンは狂喜乱舞。エメルソンは、「ここのサポーターたちは優勝に値する。彼らは26年もこの瞬間を待っていたんだ」とコメントしている。

 エメルソンは2001年から2005年まで浦和に在籍。2003年にはMVPに輝くと、2004年にはJリーグ2ndステージ優勝に大きく貢献、得点王も手にした。ワシントンは2006年から2007年まで在籍。2006年には得点王に輝きチームの年間優勝に貢献すると、翌年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げ、クラブ・ワールドカップ3位入賞も果たしていた。

スポンサーサイト

ワールドカップ開催地決定・・・2018年はロシア、2022年はカタールで開催!★3

1 名前:DJかがみんφ ★[sage]:2010/12/03(金) 01:34:59 ID:???0
qatarbid.jpg
 FIFA(国際サッカー連盟)理事による18、22年のW杯開催地決定投票が2日未明、スイス・チューリヒで行われ、日本が招致を目指した22年W杯の開催地はカタールに決定した。18年の開催地はロシアで、いずれも初の開催国が選ばれた。

 投票権を持つのはFIFAの22人の理事。投票が行われた後、演壇のブラッター会長が結果を記した紙の入った封筒を開いて結果を公表した。

 22年の立候補地は米国、オーストラリア、日本、韓国、カタールの各国。18年はイングランド、オランダ・ベルギー、ロシア、スペイン・ポルトガルの各国(共同開催含む)。

ソース 日刊スポーツ 2010年12月3日1時0分
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20101203-709302.html

[ 2010/12/03 ] 海外その他 | TB(0) | CM(25) | このエントリーを含むはてなブックマーク

日本は開催国アルゼンチン、コロンビア、ボリビアと同組! コパ・アメリカ2011組み合わせ★2

1 名前:はぶたえ川 ’ー’川φ ★[]:2010/11/12(金) 11:18:01 ID:???0

日本、アルゼンチンと同組=サッカー南米選手権

copa1.jpg
 【サンパウロ時事】アルゼンチンで来年7月に開かれるサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の組み合わせ抽選が11日、同国のラプラタで行われ、12年ぶりに招待出場する日本は1次リーグでアルゼンチン、コロンビア、ボリビアと同じA組に入った。日本は強豪アルゼンチンに10月の国際親善試合で勝っている。

 大会は12チームが出場。3組に分かれて1次リーグを行い、各組1、2位のほか3位3チームのうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進む。B組はブラジルなど、C組はウルグアイなどが入った。

 日本は前回出場した99年大会では、1次リーグ2敗1分けで敗退した。

スポナビ:
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20101112-00000024-jij-spo.html


 A組
アルゼンチン  コロンビア
日本  ボリビア

 B組
ブラジル  パラグアイ
エクアドル  ベネズエラ

 C組
ウルグアイ  チリ
メキシコ  ペルー


FIFA(国際サッカー連盟)、バロンドールと、年間最優秀監督の候補リストを発表!

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/10/26(火) 19:23:51 ID:???0
http://news.livedoor.com/article/detail/5097674/

ballon-d-or.jpg
26日、FIFAは2010年で最もインスピレーションを与えた選手に与えられるバロンドールと、年間最優秀監督の候補リストを発表した。

両賞はともに2011年1月10日にチューリッヒで受賞者が決定する。また同日には、昨年に引き続いて最も美しいゴールを決めた選手に贈られるプシュカシュ賞、FIFAフェアプレー賞の受賞者も発表される。

FIFAが発表した23名のバロンドール、10名の年間最優秀監督の候補リストは、すべて南アフリカ・ワールドカップ出場メンバーとなっており、スペイン代表とドイツ代表から多くの選手が選出されている。今年度のバロンドール、年間最優秀監督の候補リストは以下のとおり。

アルゼンチン代表・メッシ、屈辱のフル出場…試合後は無言貫き悔しさにじませる

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage]:2010/10/09(土) 06:29:14 ID:???0
20101009-011281-1-L.jpg
 日本代表が“ザック流”の守備でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(23)=バルセロナ=を封じ切った。フル出場しながら不発に終わったメッシは試合後、無言を貫き、悔しさをにじませた。

 メッシは不発に終わった。フル出場し、両チーム最多の5本のシュートを放ったが。試合後は悔しさからか、うつむきながら、無言で取材エリアを通り抜けた。それでも、華麗な技術は随所に発揮した。

 試合開始から魅了した。前半7分、センターサークル付近でボールを受けると、強烈なドリブル突破。日本の中盤3人が追いかけても追いつけない。そのまま約30メートルを独走した。28分には絶妙なFK。後半21分には、密集したペナルティーエリア内で、わずかなすき間を縫って、FWテベスにスルーパス。ドリブル、シュート、パス…。ゴールにはつながらなかったが、スタンドを埋め尽くした大観衆は、背番号10の一挙手一投足にくぎ付けになった。

 日本代表戦士たちも舌を巻いた。DF内田が「手でドリブルをしているみたい」と感嘆の声を上げれば、「あんなにブロックを敷いているのに、簡単に中央突破する。一瞬の動きが本当に速い。あれはトップコンディションじゃないのに」とMF香川。9月20日のAマドリード戦で右足首じん帯を負傷し、今月3日のマジョルカ戦で復帰したばかり。バチスタ監督も「選手には疲労があった」と万全ではなかったことを認めたが、それでも、与えた衝撃は大きかった。

 初陣のザック・ジャパンを上回る注目を集めた。スタメン発表で「リオネル・メッシ」の名が響くと、両チームの誰よりも大歓声を浴びた。ボールを持つだけで、スタンドはざわめき、無数のフラッシュが光った。「ここには“何か”をしにきたんだ」。来日後に、こうコメントしたが、ゴールは奪えなかった。もし、アルゼンチンがリードを奪えば、早めに“お役ご免”になっていただろう。メッシにとっては屈辱のフル出場だった。

ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20101009-OHT1T00029.htm
後半、メッシ(右から2人目)のドリブルを囲い込んで守る(左から)内田、長谷部、今野、1人おいて岡崎
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20101009-011281-1-L.jpg

【ブラジル】ロナウド、来年いっぱいで引退!「2011年12月の終わりまでプレーして、僕のキャリアの幕を引く。」

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/10/03(日) 01:27:15 ID:???0
http://news.livedoor.com/article/detail/5048056/

0210_ronaldoff.jpg
バルセロナやインテル、ブラジル代表で活躍したコリンチャンスFWロナウドが1日、2011年限りで現役引退するとの意向を明らかにした。その時までに、コパ・リベルタドーレスを掲げたいとしている。

34歳のストライカーは、ブラジル『グローボ・エスポルチ』に対して、自身に残された現役残りの青写真を語った。

「2011年12月の終わりまでプレーして、僕のキャリアの幕を引くというのが、僕の考えだ。ここで現役を終えることになる」

サンパウロでスタートさせたキャリアは、度重なる負傷とコンディション不良に悩まされ続けてきた。今はようやくコリンチャンスのファーストチームに入れそうだが、負傷により5カ月も動くことができなかった。ロナウドは2010年が望んだようなものではなかったことを認めている。

「ケガのおかげで、今年は僕にとって複雑なものだった。愛情を取り戻し、コリンチャンスが僕を支えてくれたことに感謝しなければならない。1年以上プレーするのは、僕の体には酷だろう。でも、ファンのために、そうしなければならない」

最後にこの伝説的ストライカーは、まだ勝ち取っていない目標が、彼を動かし続けると語った。
「そう、リベルタドーレスだよ。大きな目標だ」

現在リーグ2位のコリンチャンスは、このままいけば同大会への出場権を得られそうだ。つまり、ロナウドにはもう一つの大きなタイトルを家に持ち帰るチャンスが残されている。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。