2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

バロテッリ「俺よりちょっとだけ上の選手が一人だけいる。メッシだ」

1 名前:ウインガーφ ★[]:2010/12/23(木) 16:30:17 ID:???P
story_main_mario_1790264a.jpg
 マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリは21日、イタリア『トゥットスポルト』から23歳以下の選手に対する年間最優秀若手選手賞ゴールデンボーイを受賞した。

 同選手は過去にゴールデンボーイを受賞したウェイン・ルーニー、セスク・ファブレガス、ラファエル・ファン・デル・ファールトよりも自身の方が優れているという見解を示し、自身を超えたクオリティーを持つ受賞者は一人だけと話した。「オレよりちょっとだけ最高の選手が一人だけいる。リオネル・メッシだよ」

http://news.livedoor.com/article/detail/5227452/

スポンサーサイト

マンチェスター・ユナイテッドのDFエヴラ「アーセナルは20年後には忘れられている」と決戦前にこき下ろす

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/12/11(土) 18:52:18 ID:???0
http://soccer.yahoo.co.jp/world/news/show/20101211-00000022-ism-socc

evra2.jpg
 現地時間13日(以下現地時間)のイングランド・プレミアリーグで、首位アーセナルと対戦する2位マンチェスターU。勝ち点1差の両者が一騎打ちに臨むとあって注目が集まるが、マンUのDFパトリス・エヴラはアーセナルについて「所詮タイトルは奪えないチーム」とこき下ろし、真の敵はチェルシーだと述べた。ロイター通信が報じている。

 仏のテレビ局『カナル・プリュス』の取材に応じたエヴラは「僕にとって、アーセナルはサッカーのトレーニングセンター。彼らの試合は見てるし楽しいけど、それで君たち結局タイトルは取れるの? と思う」と、アーセナルに対して強烈なボディーブロー。マンUを勝ち点1差で追う3位チェルシーには優勝の可能性があるとし、「僕らの真の敵はチェルシー。彼らはタイトルをとる力がある。僕らはアーセナルより、チェルシーの結果を注視している」と語った。

 アルセーヌ・ヴェンゲル監督率いるアーセナルは魅力的なサッカーを展開しているものの、2005年のFAカップ優勝を最後にタイトルから遠ざかっている。エヴラは「アーセナルはバルセロナ(スペイン)に匹敵するチームだと言われているね。バルサも美しいサッカーをするけど、彼らは優勝もするよ」と、ヴェンゲル監督にとって痛いところを突いた。

 エヴラはさらに「20年経ったら、みんなアーセナルのサッカーは覚えていないよ。人々の記憶に残るのはタイトルなんだ。僕らは13日の試合で負けるかもしれないけど、シーズン終了時のアーセナルはきっと何も手にしていないよ。何もだ。トロフィーひとつないだろう」とこき下ろした。

リネカー、90年伊W杯で試合中に漏らしていた!!

1 名前:シャルドネφ ★[]:2010/12/08(水) 15:05:21 ID:???0
リネカー氏が20年前の“大”きな秘密を漏らした!? 

9t_8pfbCH-43.jpg
 元イングランド代表FWで名古屋でのプレー経験があるゲーリー・リネカー氏(50)が現在、スポーツキャスターを務めるBBC局のインタビューに登場。自身2度目のW杯となった90年イタリア大会初戦のアイルランドとの隣国マッチで「試合中に大便を漏らしていた」と告白していたことが6日までに明らかになった。

 問題のシーンは後半に入り、リネカー氏が相手DFにタックルした瞬間だったという。

 「前半から腹の調子が悪かったが、あそこで足を伸ばした瞬間、ついに漏らしてしまった」とリネカー氏。「運よく、あの試合の夜は雨が降っていたが、もう本当にパンツの中はめちゃくちゃ。しかしこの後、長かった選手生活中でも記憶がないくらい、相手のマークが緩まった」と話し、ユーモラスに当時を振り返った。

 試合の映像を検証してみると、ピッチに座り込んだリネカーはこの時、体勢を整えるようなふりをしつつ、ピッチに尻をこすりつけるように移動してプレーを再開。その直後にも、尻付近をぬぐうようなしぐさを確かにしている。また、リネカー氏はこの試合直後のインタビューで「見て“美しくない”試合だったかも知れないが、効果的なことはあった」と意味深なコメントも残していた。

 同大会でイングランドはその後、準決勝で西ドイツにPK戦の末に敗戦。ウンに見放され、24年ぶりの決勝進出を逃した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20101208-OHT1T00028.htm

アーセナルのFWベントナー「もうベンチに座りたくない、状況が変わらないなら移籍する」[11/13]

1 名前:ジェリー大尉φ ★[sage]:2010/11/13(土) 20:15:56 ID:???0

◇ベントナー:「状況が変わらないなら移籍する」

1036455.jpg
アーセナルに所属するFWニクラス・ベントナーは、現在の出場機会に満足していない。そのため、今後も状況が変わらないのであれば、移籍を検討するようだ。

ベントナーの母国デンマーク『Sporten.dk』が、選手のコメントを次のように伝えている。

「フィットネスを取り戻すために、すべてのことをやった。そして今、僕は人生でもベストな状態だと感じている。ケガをする前よりも良い感じだね。最高の状態になるためには、小さな要素が少しだけ欠けていると思う。でも、それは試合に出ることによってのみ得られるものだ」

「だから、試合に出なければいけない。100パーセントの状態にあるのに、ベンチにいることは受け入れられないよ。もうすぐ、僕は23歳だ。レギュラーとしてプレーすることが、成長する上で欠かせない」

「僕には、こういったことを言う権利があると思う。自分のキャリアの次のステップに進まなければいけない。人として、自分の意見を言っているだけだ。アーセナルのベンチという状況に変化がないなら、移籍を考えるよ。それは間違いない」

「でも、僕の中で最優先なのは、アーセナルでプレーすることだね。これまで我慢してきた。もうベンチに座りたくない。プレーしたいんだ。それがアーセナルでできることを願っている」

goal.com
http://news.livedoor.com/article/detail/5137853/


フェルナンド・トーレス、リバプールを歓喜に導く!チェルシーは今シーズン、3度目の無得点で2敗目

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★[]:2010/11/08(月) 03:16:05 ID:???0
http://soccer-king.jp/news/england/article/id=5820

torres-006.jpg
 7日、プレミアリーグ第11節のリヴァプール対チェルシーの一戦が行われた。首位のチェルシーをホームのアンフィールドに迎えたリヴァプールは、序盤から積極的にボールを回し、試合のペースを握ることに成功する。通常の4-2-3-1ではなく、ディルク・カイトとフェルナンド・トーレスの2トップシステムを採用したことも功を奏し、チームがうまく循環した。

 そして11分、カイトの絶妙なアーリークロスを受けたトーレスが冷静に流し込み、リヴァプールが先制する。さらに、その後も試合を支配し続けたリヴァプールは前半終了間際にもトーレスが右サイドから素晴らしいシュートを突き刺し、2-0で前半を終える。

 後半、リードを奪われたチェルシーはディディエ・ドログバを投入し、反撃に出る。リヴァプールは2点差をつけていたため、無理に攻めに出ようとする姿勢がなかった。このため、チェルシーがリヴァプール陣内に攻め込む時間帯が続いた。

 しかし、リヴァプールはジェイミー・キャラガーを中心とした守備陣が奮闘し、チェルシーにゴールを与えず。決定機を作られても最後のところで踏ん張りを見せた。

 そしてこのまま試合は終了し、2-0でリヴァプールが金星を挙げている。一方のチェルシーは今シーズン、3度目の無得点で2敗目を喫した。

★試合スタッツ
http://soccer.yahoo.co.jp/world/england/result/1533126.html


マンUのハーグリーブス、2年ぶりの先発復帰戦で再び故障 わずか10分で交代

1 名前:白猫記者φ ★[sage]:2010/11/07(日) 14:36:08 ID:???0
Owen_Hargreaves_1755557c.jpg
 6日に行われたイングランド・プレミアリーグ第11節、ウォルバーハンプトン戦に2-1で勝利したマンチェスター・ユナイテッド(マンU)だが、この試合でおよそ2年ぶりとなる本格的な実戦復帰を果たしたオーウェン・ハーグリーブスが開始直後に負傷するという悲惨なアクシデントに襲われた。

 ひざの深刻な問題により2008年9月に戦列を離れたハーグリーブスは、08年11月には右ひざ、09年1月には左ひざの手術を行った。復帰が近づくたびに故障を再発した同選手は、昨シーズン終盤のサンダーランド戦で数分間のプレーながらもようやくカムバックを果たした。ところが負傷後初の先発出場となったウォルバーハンプトン戦で、今度はハムストリングを痛め、わずか10分で交代を余儀なくされてしまった。これには名将アレックス・ファーガソン監督も、相当なショックを受けているという。

 07年夏にバイエルン・ミュンヘンからマンUに移籍したハーブリーグスだが、ここまで出場した公式戦は、ウォルバーハンプトン戦も含めてわずか39試合にとどまっている。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20101107-00000013-spnavi-socc.html











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。