スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

J1第18節夜 自動降格圏が近づいてきた!マリノス6連敗 山崎FK!千葉、最後に力尽く[07/20]

1( ´ヮ`)<わはーφ ★:2008/07/20(日) 20:55:19 ID:???0

 千葉 0-1 G大阪  [フクアリ/15,450人]
0-1 山崎 雅人(後44分)

 横浜M 0-2 鹿島  [日産ス/34,752人]
0-1 マルキーニョス(前11分)  0-2 興梠 慎三(前29分)

 清水 3-0 新潟  [日本平/17,025人]
1-0 西澤 明訓(前18分)  2-0 高木 和道(前43分)
3-0 西澤 明訓 (後5分)

http://www.sanspo.com/soccer/jleague/score/08/j1-all.html
J1順位表 http://www.jsgoal.jp/ranking/j1.html
スポンサーサイト
[タグ] 千葉 横浜M 清水 鹿島
[ 2008/07/20 ] Jリーグ | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ACミランのカカ、史上最高170億円でチェルシーへ移籍の可能性 五輪出場を認められず関係悪化か

1バルデスチルドレン18号φ ★:2008/07/20(日) 06:01:15 ID:???0
【ロンドン19日=長田拓也通信員】
セリエA・ACミランのブラジル代表MFカカ(26)がイングランドプレミアリーグ・チェルシーに移籍する可能性が高くなった。19日の英紙ガーディアン(電子版)が報じた。ミランにはスペインリーグ・バルセロナからブラジル代表FWロナウジーニョ(28)が加入したばかり。これが引き金ともいうから、あぁ、両雄並び立たず…。

事情が変わった。赤ワインで乾杯していたミラノのサポーターは、天国から地獄の気分。ロナウジーニョが15日にめでたく加入したと思ったら、同じブラジルのファンタジスタ、カカが去る?

英紙ガーディアン(電子版)によると最近、ACミラン、チェルシー、カカが話し合い、3者とも交渉前進に前向きな姿勢を示し、チェルシーはミランに史上最高額となる移籍金1億ユーロ(約170億円)を提示したという。

ミランは昨年、Rマドリード(スペイン)からのカカ獲得の申し入れを断っていた。今月上旬にはチェルシーからオファーが届き、このときもガリアーニ会長が放出する意志はないとしていた。

しかし、カカの広報担当は「今回は状況が違う。ミランの財政事情などを理由に取引が行われると感じる」と明かす。

ミランは昨季(07-08年)セリエAで5位に終わり、今季(08-09年)の欧州チャンピオンズリーグ出場権を逃し、莫大な収入源を失った。おまけにロナウジーニョの獲得資金として移籍金2100万ユーロ(約35億円)に、来季(09-10年)欧州CL出場権獲得の場合、400万ユーロ(約7億円)をバルセロナ側に支払うことになった。170億円が魅力的に映らないはずがない。

さらに同紙は、カカが希望する北京五輪出場をミランが認めなかったことが、関係悪化の原因となったと指摘している。なにしろロナウジーニョは入団早々、ガリアーニ会長から五輪出場OKのお墨付きをもらっている。カカの胸中がおだやかでないことは、容易に想像できる。

ロニー加入がカカ放出の引き金となったとすれば、なんとも皮肉。豪華競演は、真夏の夜の夢で終わるのだろうか。


http://www.sanspo.com/soccer/news/080720/scd0807200340000-n1.htm

[ 2008/07/20 ] イタリア | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

JFA・犬飼新会長が所信表明…「目指すはスペインのサッカー」「減点主義が若手の芽を摘む」

1ウインガーφ ★:2008/07/18(金) 03:36:13 ID:???0
日本サッカー協会の犬飼基昭新会長(66)が16日、全メディアを通じて初めて、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。

 ―浦和で革命的な経営手腕を発揮した新会長の色を期待するファンは多いと思いますが…。
犬飼色を意識したことはない。特に大事なことは時代の流れ、社会の変化にどれだけ素早く反応し、対応できるか。反応の敏感さ、鈍さで未来も変わる。リーダーは触覚、感性の勝負。前任の川淵キャプテンはここ数年でサッカー界を様々な形で変えてきた。方向性、事業をしっかりと引き継ぐことが僕のメッセージ。47都道府県協会の法人化など、前任者の時代にすべてがそろったと思う。フォローしていくことがまず大事になる。あとはそれから。やる時はもちろん、有言実行でやりますよ。

 ―かつて欧州三菱自動車工業社長を務められた経営者としての哲学は?
個人のエネルギーは限られている。マンパワーもそう。プライオリティー(優先事項)を決めることがリーダーの仕事になる。ディシジョンメーク(意思決定)はリスクを負うことを意味する。日本は減点主義社会。リスクを負うと減点の対象になる。何もせず現状維持が一番いいという風潮がある。川淵さんはどんどん決断して、リスクを負ってきた。そういう人がどんどん増えなければいけない。

 ―前任者の革新性も継承する?
もちろん。リスクを背負うことは単純なギャンブルではない。自分の持っている情報網、アドバイザー、感性、色々なものを自分なりに集めて、勝負に出る。めったやたらに賭けるわけではない。だが情報集めに時間をかけすぎても、勝負どころを逸する。スピードも大事だから難しい。
(続きは>>2-5辺り)

(2008年7月17日06時02分 スポーツ報知 一部略)
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/etc/news/20080717-OHT1T00072.htm











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。