スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

岡田ジャパン、7月28日からの合宿メンバー発表! 中田浩、村井、青木、小川、工藤、柏木、金崎、大黒、田中達らが選出

1( ´ヮ`)<わはーφ ★:2008/07/23(水) 17:07:51 ID:???0
■GK:
川口 能活  1975.08.15 180cm/77kg ジュビロ磐田
楢崎 正剛  1976.04.15 187cm/80kg 名古屋グランパス
川島 永嗣  1983.03.20 185cm/80kg 川崎フロンターレ

■DF:
中澤 佑二  1978.02.25 187cm/78kg 横浜F・マリノス
中田 浩二(※2)  1979.07.09 182cm/74kg 鹿島アントラーズ
高木 和道  1980.11.21 188cm/75kg 清水エスパルス
田中 マルクス闘莉王  1981.04.24 185cm/82kg 浦和レッズ
駒野 友一  1981.07.25 172cm/76kg ジュビロ磐田
阿部 勇樹  1981.09.06 177cm/77kg 浦和レッズ

■MF:
村井 慎二(※2)  1979.12.01 175cm/70kg ジュビロ磐田
中村 憲剛  1980.10.31 175cm/67kg 川崎フロンターレ
鈴木 啓太  1981.07.08 177cm/67kg 浦和レッズ
山瀬 功治  1981.09.22 173cm/70kg 横浜F・マリノス
青木 剛(※1)  1982.09.28 183cm/75kg 鹿島アントラーズ
今野 泰幸  1983.01.25 178cm/73kg FC東京
小川 佳純(※1)  1984.08.25 173cm/67kg 名古屋グランパス
工藤 浩平(※1)  1984.08.28 166cm/63kg ジェフユナイテッド千葉
柏木 陽介(※2)  1987.12.15 177cm/74kg サンフレッチェ広島
金崎 夢生(※1)  1989.02.16 180cm/70kg 大分トリニータ

■FW:
玉田 圭司  1980.04.11 173cm/67kg 名古屋グランパス
大黒 将志(※2)  1980.05.04 178cm/73kg 東京ヴェルディ
前田 遼一  1981.10.09 183cm/80kg ジュビロ磐田
佐藤 寿人  1982.03.12 170cm/68kg サンフレッチェ広島
田中 達也(※2)  1982.11.27 167cm/63kg 浦和レッズ

※1:日本代表候補初選出
※2:岡田監督就任(2007年12月)以降、日本代表(候補)初選出

http://www.jfa.or.jp/daihyo/daihyo/news/080723_09.html

スポンサーサイト

バレー退団のG大阪が清水・FWマルコス・アウレリオの“緊急獲得”に乗り出す【報知】

1すてきな夜空φ ★:2008/07/23(水) 06:19:45 ID:???0

G大阪が、清水のFWマルコス・アウレリオ(24)の“緊急獲得”に乗り出していることが22日、分かった。

この日、今季18試合で10得点、チーム得点王のエースFWバレー(26)が電撃退団することが判明した。クラブ幹部によれば、UAEのアル・アハリへの完全移籍が決定。懸命の慰留も翻意に至らず、金森喜久男社長(59)は「年俸のケタが違う。バレーの意志も相当に固いし、気持ちよく送り出してあげたい」と明かした。 緊急事態で救世主に期待されるのがアウレリオだ。今季はリーグ戦7試合出場で無得点。清水では出番に恵まれないが、G大阪は水面下で動向を調査していた。すでに補強リストにも浮上。清水幹部も交渉に応じる構えをみせており「環境が変わればやれる。候補の1人なのは事実」(G大阪関係者)と、高評価が与えられている。

先月末には、強化担当者が日本平へ出向き、プレーを直接視察している。スピードあふれるブラジリアンに、G大阪の命運は託されることになりそうだ。


ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080723-OHT1T00056.htm

J2は22クラブまで増やし、その後JFLと最大3クラブ自動入れ替えへ─Jリーグ・JFA承認

1物質混入φ ★:2008/07/22(火) 23:14:13 ID:???0
J2リーグの将来像を決定 [ Jリーグ ]

Jリーグは、Jリーグの将来像を、下記の通り定めることに決定しました。
これは、財団法人日本サッカー協会(以下JFA)によって設置された「Jリーグ将来構想委員会」によって提案され、2008年度第3回Jリーグ理事会(6月)および2008年度第4回JFA理事会(7月)にて承認されました。

【J2リーグの将来像】


1.J2リーグのクラブ数を、22まで増やす。
a. J2が19クラブになった翌シーズンに入会できるクラブ数は、22から逆算して定める。
※ この場合もJFL4位以内など、一定の成績条件を設ける。

2.J2リーグが22クラブになったシーズンから、J2とJFLの入替制度を導入する。
a. JFLからJ2へ最大3クラブが昇格(入会)し、同数のクラブがJ2からJFLへ降格(退会)する。
入替戦またはプレーオフ等は実施しない。
b. JFL所属クラブは、 Jリーグが別に定める入会条件を満足しない場合、JFL順位に関わらず昇格(入会)できない。
c. J2からJFLへ降格したクラブは、Jリーグ会員資格を失う。

3.J2リーグが18クラブになったシーズンから、J1とJ2の入替戦を廃し、リーグ戦成績をもって昇降格要件とする。
a. J2からJ1へ最大3クラブが昇格し、同数のクラブがJ1からJ2へ降格する。
b. J2クラブは、リーグが別に定めるJ1昇格基準を満足しない場合、J2順位に関わらず昇格できない。

4.全国で100以上のJリーグを目指しうるクラブが活動することを、将来目標とする。
a. Jリーグを目指しうるクラブとは、活動拠点(クラブハウスとグラウンド)を持ち、自立して法人格を持ち、スポーツを通じて地域に貢献するクラブ。
b. 上記のクラブが成立するために、全国のリーグ戦が整備される必要がある。

付記:JFAが並行して検討する事項
1. JFLの活性化、およびJ2から降格したクラブへの支援施策。
2. 地域リーグの、構造検討を含む、活性化。
3. JFL以下のリーグ構造の、検討および決定プロセス。


http://www.jsgoal.jp/news/00068000/00068506.html

[ 2008/07/23 ] Jリーグ | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

スパルタクのコバチ、試合中に乱入してきた男を倒してイエローカード(動画あり)

1( ´ヮ`)<わはーφ ★:2008/07/22(火) 22:04:31 ID:???0
 19日に行われたロシアリーグ、ロコモティフ・モスクワとスパルタク・モスクワの試合は2-2の引き分け終わったが、この試合で信じられない珍事が起きた。
 事件が起こったのは後半73分だった。上半身裸の男がスタンドを降り、ピッチに乱入してきたのだ。試合は2-1のスコアで緊迫しており、両チームの選手たちは乱入者による中断にいら立ちながらも、距離を保ちながら遠巻きに見ていた。
 ところが、業を煮やしたスパルタクのラドスラフ・コバチが、この男にスライディングタックルを浴びせた。足を直接狙われた男は、そのまま転倒。激痛のあまりその場にうずくまり、係員によってグラウンドの外に出された。そして主審は、迷うことなくコバチに対してイエローカードを出したのだった。


ソース:スポーツナビ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080722-00000011-spnavi-socc.html











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。