スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

ACL準々決勝 名古屋グランパスがベスト4! 延長目前、ケネディ決勝ゴール! 川崎またも8強で涙…★2

1 名前:はぶたえ川 ’ー’川φ ★:2009/09/30(水) 21:57:31 ID:???0
scr0909302143010-p1.jpg

名古屋が初の準決勝進出=川崎に3発快勝-ACLサッカー

 サッカーのアジアクラブ王者を決める、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、名古屋市瑞穂陸上競技場で名古屋-川崎の準々決勝(ホームアンドアウェー方式)の第2戦が行われ、ホームの名古屋が3-1で快勝、2戦合計4-3で初の準決勝進出を決めた。

 名古屋は前半27分に小川、35分に吉田が決めて2点をリード。第1戦を2-1で制している川崎も直後に鄭大世が1点を返した。後半も名古屋が押し込み、延長戦突入目前の43分にケネディが3点目を奪って勝負を決めた。

 準決勝は10月21日と28日に行われ、名古屋はアルイティハド(サウジアラビア)-パフタコル(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。 

スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/headlines/20090930-00000222-jij-spo.html

 名古屋グランパス -1 川崎フロンターレ  [瑞穂陸]
1-0 小川 佳純(前27分)
2-0 吉田 麻也(前35分)
2-1 鄭 大世(前38分)
3-1 ケネディ(後43分)

試合速報
http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2009/2009093001.html

J's GOAL:http://www.jsgoal.jp/acl/
サンスポ:http://www.sanspo.com/soccer/world/afc-cl/final.html#quarter_final
ニッカン:http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/acl/final-tournament.html


スポンサーサイト
[タグ] ACL 名古屋 川崎F
[ 2009/09/30 ] クラブ | TB(0) | CM(8) | このエントリーを含むはてなブックマーク

現在10位の横浜M・木村浩吉監督、今季の目標は「ACL出場圏の3位以内」

1 名前:すてきな夜空φ ★:2009/09/30(水) 06:09:49 ID:???0
hitokoto090727.jpg
 横浜の木村監督が、今季の目標が「ACL出場権を得られる3位以内」であることをあらためて強調した。

 27日の浦和戦に勝利し今季2度目の連勝を記録。チームの上向きな状況に木村監督は「1試合ずつ戦うことが重要」とした上で「目標はACL。そこはブレずにやりたい」と話した。今後は川崎F、名古屋といった上位との対決が続くだけに、嘉悦社長代行も「(3位以内を目指すのは)当然でしょ。残り7連勝だって不可能ではない」と期待を口にしていた。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/30/05.html
J1順位表 http://www.jsgoal.jp/ranking/j1.html


[タグ] 横浜M 木村浩吉
[ 2009/09/30 ] Jリーグ | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

大分トリニータ 「全勝すれば可能性はある」

1 名前:鳥φ ★:2009/09/30(水) 17:13:46 ID:???0
大分トリニータの山崎哲也アシスタントコーチ(31)は現役時代の2002年、
小林伸二山形監督(49)=元大分監督=の下で、大分のJ1昇格を経験した。
7年を経て、J1残留は風前のともしび。「全勝すれば可能性はある」と望みをつないでいる。

JFL時代の山形を経て、1999年から大分に加入。4年ぶりに呼び戻された
昨季を合わせ、大分で7年間の選手生活を送った。昨季はけがもあって
自分自身のパフォーマンスに納得できず、現役引退を決意。コーチへ転身した。

リーグ第28節山形戦(10月3日・NDソフトスタジアム山形)は勝つしかない。
29日の練習ではDFが足りず“選手”としてプレー。好パスを出すと、
ポポビッチ監督(42)から「契約しようか」という冗談も飛び出した。

C大阪時代(05~07年)も含めて5年間、「小林サッカー」を実践してきた。
「伸二さん(小林監督)は対戦相手が嫌がることをやってくる。
大分のサッカーを貫き、絶対に負けない」と誓う。

http://www.oita-press.co.jp/localSports/120726999419/2009_125427546696.html


[タグ] 大分
[ 2009/09/30 ] Jリーグ | TB(0) | CM(3) | このエントリーを含むはてなブックマーク

UEFA-CL第2節 ベンゲルvsジーコ! バルサ、インテルに挑む旧ソ連勢 フィオレンティーナ×リバプールなどの結果[09/30]

1 名前:はぶたえ川 ’ー’川φ ★:2009/09/30(水) 05:39:45 ID:???0

09-10 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ第2節

◆ E組
 フィオレンティーナ -0 リバプール
 デブレツェニ 0- リヨン

◆ F組
 ルビン・カザン 1-1 インテル
 バルセロナ -0 ディナモ・キエフ

◆ G組
 ウルジチェニ 1-1 シュトゥットガルト
 レンジャーズ 1- セビージャ

◆ H組
 AZ 1-1 スタンダール・リエージュ
 アーセナル -0 オリンピアコス
(ベンゲル監督)    (ジーコ監督)

試合速報
http://www1.jp.uefa.com/live/competitions/ucl/matchday=2/day=1/match=-1/


(現地9月30日のカード)
◇ A組
 バイエルン・ミュンヘン - ユベントス
 ボルドー - マッカビ・ハイファ
◇ B組
 CSKAモスクワ - ベシクタシュ
 マンチェスター・ユナイテッド - ヴォルフスブルク
◇ C組
 ミラン - チューリッヒ
 レアル・マドリード - マルセイユ
◇ D組
 アポエル - チェルシー
 ポルト - アトレティコ・マドリード


uefa.com:http://jp.uefa.com/Competitions/UCL/
Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/world/uefa_cl/
スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0910/eucup/


[タグ] UEFA-CL09/10
[ 2009/09/30 ] クラブ | TB(0) | CM(2) | このエントリーを含むはてなブックマーク

当たりにもマケズ、走りにもマケズ…長友佑都が特殊な走法を身に付け「戦えるサイドバック」に変身した

1 名前:すてきな夜空φ ★:2009/09/28(月) 22:11:37 ID:???0
b_0000004174_2c46ea03.jpg
 当たりにもマケズ、走りにもマケズ――。

 先のオランダ遠征において最も評価を上げた選手は誰か、と聞かれれば、迷うことなく左サイドバックの長友佑都を挙げたい。世界と比べると日本人プレーヤーが見劣りするフィジカルの部分で、オランダとガーナを相手に彼はよく張り合っていた。

 オランダ戦で言えば、前半36分のプレー。長友は味方がカットしたのを確認すると、低い位置からトップスピードで駆け上がって左サイドで対峙していたファンデルヴィールの裏を取り、遠藤保仁からのパスを受けた。ファンデルヴィールとの1対1になったがボールを失わず、カバーに回ってきたデヨングに激しいタックルを浴びせられるまで止まらなかった。このプレーでデヨングの警告を引き出している。

 ガーナ戦でも同じような場面があった。前半44分、ペイントシルとの1対1で、長友がスピードに乗って突破しようとしたところを相手が無理やり止めた形となって、ここでもイエローを引き出してセットプレーのチャンスをつくり出した。

 欧州遠征2試合で相手のイエローカードは4枚。そのうちの2枚は、スピードに乗った長友のプレーに起因しているのである。

 この、トップスピードに素早く引き上げる長友の特性は、6月までのW杯アジア最終予選では見られなかったものだ。最終予選当時の映像とオランダ遠征の映像を見比べてみると、走り方にやや違いがあるのが分かる。走る歩幅が短くなり、重心は幾分、低くなっている。

続きは>>2-5くらい
ソースはhttp://number.bunshun.jp/national/column/view/4174/

[タグ] 長友佑都
[ 2009/09/29 ] 日本代表 | TB(0) | CM(8) | このエントリーを含むはてなブックマーク

カズこと横浜FC・三浦知良「スターってのは、突き抜けないとダメなんだよ」浦和・山田直輝&原口元気に“キング魂”注入

1 名前:すてきな夜空φ ★:2009/09/29(火) 08:05:48 ID:???0
KFullNormal20090929018_l.jpg
 J2横浜FCのFW三浦知良(42)が、浦和の若きFW原口、MF山田直に“キング魂”を注入した。28日、非公開で練習試合が行われ、2人と初対面。試合後、カズはサイン、記念撮影にも応じた。特にFWの原口には「テレビで見ると試合中、いつも怒ってるような表情。もっと笑わなきゃと言っておいたよ」。若者らしい喜怒哀楽の感情表現を勧めた。

 試合後、右足首を腫らしたカズは「これは山田君との接触。誇りだよ」と言って笑った。カズ自身、原口と山田直には、将来の日本を背負う存在として期待している。そのためには実績に加え、メディアを巻き込むカリスマ性も必要という。「スターってのは、突き抜けないとダメなんだよ」。取材規制を敷くこともある浦和に対し、キングらしい持論を展開した。

 原口は「格好いい。ヤバイっす」と感激を隠せなかった。試合も横浜FCが2―1で勝利し、07年12月のJ1最終戦に続き、カズの2連勝だ。「相性いいね。山田君や原口君が、あのサインを誇りに思えるようにオレも頑張るよ」。キングもまた刺激を受けた様子だった。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/29/01.html
三浦知良から直筆サインをもらい、満面の笑みを浮かべる浦和MF山田直輝(左)とFW原口元気
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/29/images/KFullNormal20090929018_l.jpg












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。