スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

イングランド代表に大激震!主将のテリーがDFブリッジの元恋人との不倫発覚…「主将を辞任すべき」の声も

1 名前:すてきな夜空φ ★:2010/01/31(日) 08:01:21 ID:???0
article-0-08177210000005DC-55_468x491.jpg
 南アW杯優勝候補のイングランドに大激震が走った。30日付の英各紙が一斉に報じたところによると、イングランド代表主将ジョン・テリー(29)の不倫が発覚。しかも相手が代表チームメートで親友でもある代表DFウェイン・ブリッジ(29)の恋人だと分かり、衝撃が広がった。

 不倫発覚を恐れたテリーは、先手を打ち、裁判所に法的な「かん口令」を要求。しかし裁判長は、「個人の名誉と莫大な収入を守る意図しか感じられない」とし、かん口令発動を拒否。さらに裁判所との証言のやりとりで不倫を認めた文書も出て、今回の一斉報道となった。今回の不祥事でイングランド・サッカー協会内では、テリーの主将辞任を望む声も高まっているという。本番を控え、イングランドは不動の主将を失う危機に直面した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20100130-OHT1T00284.htm

 イングランド代表DFテリー主将に、またしてもスキャンダルが発覚した。チェルシーのチームメートだったDFブリッジ(マンチェスターC)の元恋人のフランス人モデルと不倫関係にあったことが明らかになった。

 テリーが主張していた告発記事の差し止めが29日に棄却されたことで表ざたとなった。昨年は義母が万引で逮捕され、実父のコカイン密売疑惑も浮上。自身も無断の有料練習場ツアーを開くなどトラブル続き。30日付の英各紙には主将を辞任すべきとの論調が並んだ。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/01/31/15.html

スポンサーサイト

清水がリーグ制覇へ超攻撃的システムを採用! 「4-4-2」から「4-3-3」に変更

1 名前:( ´ヮ`)<わはーφ ★:2010/01/30(土) 14:18:00 ID:???0
sz-100130-1-ns-big.jpg
 J1清水の長谷川健太監督(44)が29日、クラブ史上初の「年間リーグ制覇」に向け、超攻撃システムの採用を決断した。「昨年の成績を上回り、タイトルを取るために変化をしていかなければ」と今季初めての戦術練習で、システムを昨季までの4-4-2から、4-3-3に変更した。MF藤本淳吾(25)を3トップの右サイドに起用するなどの大胆なコンバートも含め、課題の攻撃力アップを狙う大改革に着手した。

 長谷川監督が選手に示したホワイトボードには、清水の「新しい姿」が表されていた。フルコートのピッチに散らばったイレブンは、いつもとは違う位置に配置された。「変えることにリスクがあるのは分かっている。でも、チャレンジしていかなければ、何も始まらない」。就任6季目の指揮官は「4-4-2」を封印し、より攻撃的な「4-3-3」の新システムを採用する決断を下した。

 この日は守備面での確認がメーンだった。だが、新システムでの最大の特徴は攻撃面にある。「基本的には3トップ。チームとしてどうやって点数を増やせるか」。まずは3トップの右にMFの藤本を起用。「(藤本は)もともと(年間)10点は取れる選手。それぐらいのアベレージは期待したい」と、FWへのコンバートを示唆。藤本も「自分でも未知だけど、攻撃面でしっかり高い位置でプレーできれば。楽しみです」と意欲を見せた。

 小野の加入もシステム変更への後押しとなった。長谷川監督は「小野をチームとしてどう生かすかというのもある」と説明。3トップにすることで2列目の小野の前線へのパスコースが増え、得点力のアップにつなげる狙いもある。「最初は4-4-2で様子を見ようかと思ったけど、中途半端は面白くない。今年はがらっと変わる。せっかくいい選手がたくさんいるからね」。攻撃は最大の防御-。今季のエスパルスは、攻めて、攻めて、攻めまくる。

ソース:nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20100130-590792.html


[タグ] 清水 長谷川健太
[ 2010/01/30 ] Jリーグ | TB(0) | CM(9) | このエントリーを含むはてなブックマーク

内田篤人、練習試合に出場も吐き気を訴え途中交代…「このままシーズンが始まったら困るよね」と焦りも

1 名前:すてきな夜空φ ★:2010/01/29(金) 20:23:58 ID:???0
scc1001291904008-p6.jpg
 DF内田(鹿島)が吐き気を訴えて、試合途中で退いた。疲労の蓄積などが影響し、昨年から続いている症状だ。オフには1カ月ほど休んだというが、「休んで治ると思ったけど治らない」と険しい表情を見せた。

 この合宿では、主力の右サイドバックの位置を徳永(FC東京)に奪われており、「このままシーズンが始まったら困るよね」と焦りが感じられた。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100129108.html
練習試合に出場するも精彩を欠き途中交代した内田篤人
http://www.sanspo.com/soccer/images/100129/scc1001291904008-p6.jpg


[タグ] 内田篤人 鹿島
[ 2010/01/30 ] 日本代表 | TB(0) | CM(16) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Jリーグ参入目指す 福島ユナイテッドFC スポンサー契約企業は1年で88社から197社に、サポーター会員も倍増

1 名前:アフリカンフラグフィッシュφ ★:2010/01/29(金) 19:38:31 ID:???0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100128-00000088-mailo-l07

rec1497.jpg
 ◇選手の半数退団、陣容一新 資金面の対策、地域の支えで

 Jリーグ参入を目指す東北社会人サッカーリーグ1部の福島ユナイテッドFCが本格始動した。指導者や選手を大幅に入れ替えて顔ぶれを一新。資金面で不安は残るが、横田篤代表(33)は「情熱だけでなく、しっかりしたビジョンと体制を整え、未来に向かう元年としたい」と意気込みを語る。頑張れ!福島。

 ◇勝ち点3を狙う

 福島は26日、福島市の十六沼公園で、今季初の全体練習をした。走り込みの後、センタリングからのシュート練習やミニゲームなどで、2時間半汗を流した。

 昨季は無敗ながら、グルージャ盛岡に得失点差1及ばず優勝を逃し、Jリーグ(J1、J2)の下のJFL昇格が厳しくなった。その後、望みをつないだ大会も敗れた。

 リーグで得点ランキング2位だったFW村瀬和隆選手(24)は「シュートを狙える場面でパスしてしまうことが多かった」と悔しさをにじませた。攻撃の起点のMF片原潤選手(24)も「ボールを奪った後、前に出るよりボールを失ってはいけないという意識が強かった」と反省点を挙げた。

 J2ファジアーノ岡山から迎えた手塚聡・新監督(51)は「きれいにパスをつないで組み立てるサッカーだったが得策ではなかった。運動量で相手を上回り、ボールを奪われたらすぐ取り返す意識を定着させる。攻守の切り替えの早いゲームを目指す」と話す。昨季の上位チームから「勝ち点3を確実に奪い、リーグ終盤で抜け出したい」という。
 
(つづく)

[タグ] 地域リーグ 福島
[ 2010/01/30 ] 国内その他 | TB(0) | CM(3) | このエントリーを含むはてなブックマーク

鹿島が“プラチナ世代”U-17代表の中京大中京高・FW宮市亮の獲得に乗り出す

1 名前:すてきな夜空φ ★:2010/01/28(木) 06:10:37 ID:???0
091017_soc_miyaichi.jpg
 鹿島が中京大中京高のU―17日本代表FW宮市亮(2年)の獲得に乗り出していることが27日、分かった。

 既に鹿島への来季加入が内定している青森山田高のMF柴崎らとともに昨秋のU―17W杯に出場した「プラチナ世代」で、鹿島関係者が「両足で正確に蹴ることができるし、スピードが抜群」と高評価するサイドアタッカーだ。今月13日からドイツ1部ケルンの練習にも参加し、名古屋など国内外のクラブが興味を示す逸材。鹿島は年明けに宮市側に獲得の意思を伝えている。

ソースはhttp://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/01/28/10.html

[タグ] 宮市亮 鹿島
[ 2010/01/29 ] Jリーグ | TB(0) | CM(4) | このエントリーを含むはてなブックマーク

セルジオ越後「小笠原は簡単に落とせない選手」「選ばれていない前田遼一はどうした」

1 名前:鳥φ ★:2010/01/29(金) 13:52:20 ID:???0
f_zone_m.jpg
2月上旬は日本代表戦が続く。2日に大分でベネズエラと親善試合を行い、6日から14日までは東京で東アジア選手権を戦う。
以前にも述べたけど、このシリーズのポイントはやはり小笠原満男だね。Jリーグ3連覇、MVP受賞という実績を引っさげ、世論の後押しもあってようやく岡田監督が代表に呼んだ選手だ。
彼がどういう使われ方をして、どういうプレーをして、どんな結果を残すのか。岡田監督もほのめかしていたけど、結果を出したら簡単に落とせる選手じゃないからね。

逆に言えば、簡単に処理できない問題を岡田監督自身が抱えることにもなるわけだ。限られた枠の中に、誰を入れて誰を落とすのか。本大会のメンバー表を占う上でも、このシリーズの小笠原のプレーには注目すべきじゃないかな。

また、現在鹿児島で行われている日本代表合宿について、連日報道されているけど、「生き残り」「メンバー入り」「アピール」など、W杯を意識した単語が目立つね。その中には「若手の台頭」といったものも含まれ、特に平山相太の動向が注目を集めているようだ。メディアはここぞとばかりにそのトピックを取り上げているけど、このシリーズでの結果いかんでのメンバー入り、レギュラー定着といったことはあまり現実的ではないだろう。

いわゆる若手世代で最も実績のある森本貴幸ですら、代表での扱われ方が定まっていない状態だ。割り込むスペースは限りなく狭いよ。特定の選手を取り上げていたずらに騒ぐ段階ではないんじゃないかと思うね。

平山ならむしろ、今回選ばれていない前田遼一はどうしたと言いたくもなる。Jリーグで最も結果を残しているFWだよ。Jリーグでの活躍が代表にどうフィードバックされるのか、もちろん監督の好みもあるだろうけど、小笠原の例も含めて、今後も考えていかなければいけない問題だね。(了)

http://footballweekly.jp/archives/1212800.html

[ 2010/01/29 ] 日本代表 | TB(0) | CM(15) | このエントリーを含むはてなブックマーク










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。